日本語になってるスペイン語!

  • 2022年3月27日
  • 2022年3月9日
  • 語学

今回は我々日本人の身近にあるスペイン語についてまとめます。
意外な単語が見つかるかもしれませんよ!
こういうことに気づけることも、言語学習の面白さですよね👍🏼

カルタ Carta

カードの事をスペイン語でカルタといいます。カルタ遊びのカルタです

そういえば、カードゲームのUNOはスペイン語で1という意味ですよね。

こんなところにもスペイン語がありました!

エルニーニョ現象・ラニーニャ現象

特定の男の子を意味するEl Niño、特定の女の子を意味するLa Niñaが由来です。
有名な気象現象ですので、勉強したことのある方や、天気予報などで聞いたことのある方など、多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

パン   pan

パンはスペイン語でもパンです。興味深い!
自分の場合は朝食としてほぼ毎日お世話になってます。
スペイン語由来とは驚きです。

ナタデココ

ナタデココはNata de cocoというスペイン語由来だとされています。
Nataは生クリーム、Cocoはココナッツという意味ですから、ココナッツの生クリームという意味なようです。
ナタデココはココナッツ果汁を発酵後ゲル化させたものなんですね。恥ずかしながら今回調べて初めて知りました。
個人的にも大好きな食べ物です。

 

タバコ Tabaco

コロンブスが新大陸に到着した時のお土産だったのがタバコ
ヨーロッパで最初にタバコを吸ったのはバルセロナの人達と言われています。
その後日本に伝わったのが由来だそうです
こんな言葉もスペイン語由来なんですね!

 

カステラ (由来はCastilla )

カスティージャはスペインの地域名です。
カスティーリア王国の時代に日本にキリスト教が伝わったのですが、その時にスペインのビスコッチョというお菓子をカスティーリア地方のお菓子だと紹介したのがカステラの由来だと言われています。

カスティーリア王国については世界史の授業で学習した方も多いと思います。

 

リアス式海岸(由来はリアスRias

日本では三陸の海岸などが有名ですよね。
学校で学んだ方も多いのではないでしょうか?
スペイン北西部ガリシア地方にリアス・アルタス、リアス・バイシャスという入り組んだ海岸線があるのですが、このリアスが日本語のリアス式海岸という言葉になったようです。

 

Jリーグクラブのチーム名

数多くのクラブの名前のはスペイン語由来です。

例えば、セレッソ大阪のセレッソ(Cerezo)は桜という意味、横浜F・マリノスのマリノス(Marinos)は船乗りという意味です。
このほかにも、アビスパ(Avispa)= 蜂、アルディージャ(Ardilla)=リスなどがあります。

ヴェルディ川崎や東京ヴェルディのヴェルディは Verde=緑 由来のようです。

 

パンデミックを引き起こしたウイルスも

2020、2021年に甚大な被害をもたらしたコロナウイルスは Corona=冠, 王冠, 栄冠 由来です。
ウイルスの形が王冠に似ているということで名付けられました。

 

まとめ

こうしてみると、多くの単語がスペイン語由来なことに気づけます。
言語を学ぶと、言語そのものを知るだけでなく、多くの背景知識も得られるのでとても楽しいですね。
過去に言語学習以外の場で学んだこととの関わりがわかってくると面白さが増す気がします。
教養人目指して、引き続き幅広く学んでいきたいと思います!!

 

最新情報をチェックしよう!