東大の国際総合力認定制度って?

グローバル化が叫ばれる昨今、国際語としての英語の重要性は増しています。

また、英語力に限らず世界で活躍するために能力を磨く必要性は今後ますます増していくでしょう。

近年では環境問題などの地球規模の課題に対して国家の枠組みを超えてリーダーシップを発揮できる人材の重要性が叫ばれています。

そんな中東京大学は、2018年度から国際総合力認定制度「Go Global Gateway」を開始しました。

ここで言う国際総合力は 「コミュニケーションの力をつける」、「自信を持って挑戦する」、「自らを開き、多様性を受け入れる」、「他者と共働しリーダーシップをとる」、さらに「自己を相対化し国際感覚を持つ」の5つの要素で構成されています。

今回は、そんな国際総合力認定制度について実際に利用しているこの私が深掘りしていきたいと思います。

仕組み

前述の通り、 国際総合力認定制度は2018年度から始まった制度で、「コミュニケーションの力をつける」、「自信を持って挑戦する」、「自らを開き多様性を受け入れる」、「他者と共働しリーダーシップをとる」、さらに「自己を相対化し国際感覚を持つ」の5つを国際総合力の要素と定め、 世界中の多様な人々と共に生き、共に働く人へ成長したと認められたものに対して認定証を使用することになっています。

この制度は制度の主体性を尊重したもので取り組みの内容や個人の能力に優劣をつけるものではありません。

何かのゴールではなくあくまで一つの通過点であるという願いがGo Global Gatewayという名称にはこめられています。

国際総合力認定制度の公式サイトへは以下のリンクから飛ぶことができます。

https://www.u-tokyo.ac.jp/adm/go-gateway/ja/index.html

認定されるためには、Go Global Statementを提出し、承認された後、「外国語学習」「授業・コース」「海外経験」「国際交流活動」の4種類の中から3つ以上のアクティビティーに取り組みそれぞれのアクティビティーを事務局に承認してもらう必要があります。

例えば、後述するオンライン英会話支援制度を活用してレアジョブを受講した場合には、「国際交流活動」としてレポートを提出できます。

また、このアクティビティは学内で提供されるものに限った話ではなく、学外で学生が能動的に参加したアクティビティも含まれます。

実際僕はオンラインで海外の大学の授業を受講できるMOOCsのなかのedXというサービスを利用してハーバード大学の講座を受講し、それを「授業・コース」のアクティビティとしてレポートを書いて承認されました。

僕が受講したのはリーダーシップについての講座でしたが、英語で授業を受け認定証をいただけたのはオンラインとはいえ貴重な経験になったと思います。

MOOCsについてや、edXの受講体験記については以下のリンクからご覧ください!

関連記事

皆さんはMOOCsという単語をご存知でしょうか?MOOCsはMassive Open Online Courseの略であるMOOCの複数形で、インターネットを利用して受講できる大規模なオンライン講座のことを意味します。今回はMOOC[…]

最後に、国際総合力認定制度の認定申請レポートを提出しそのレポートが承認されると認定証がPDFで発行されます。

アクティビティーへの取り組みに基づいてポートフォリオが作成されますが、このポートフォリオは自分自身の振り返りのほか、様々な場面における自己PRとして、また就職活動などに活用することができます。

また、認定後もアクティビティ終了ごとにポートフォリオを更新して自分の取り組みを公式な形で記録に残しておくことができます。

さらに、認定証が使用された後も、認定を受けた人向けの留学プログラムや講演会などのイベントなどが行われます。

まさにGateway、ゴールではなくスタートなのです!

僕もやってます!

私自身もこの国際総合力認定制度に取り組んでいます。

この夏は国際総合力認定制度の支援制度を使って 1ヵ月レアジョブを無料で利用させていただきました。

ひと月数千円かかるオンライン英会話の受講料を大学が負担してくれるというのは、特に学生にとってはありがたいことです。

英語での会話能力を高めるための勉強のモチベーションも上がりました。

学ぶことに対する大学側の支援の手厚さを感じますね!

その際の感想については以下のページからご覧ください!

実際に受講してみて感じたメリットなどを記しています。

関連記事

レアジョブ英会話は利用者数500,000人越え、法人導入社数1000社突破の、 日本国内での満足度ナンバーワンのオンライン英会話教室です。今回は僕自身がレアジョブの体験レッスンを受けて感じたことを正直に記したいと思います。参考にして[…]

また、僕自身が皆さんにお勧めしたいと思うオンライン英会話サービスについては以下のページからご覧ください!

家にいながら英会話の練習をすることができるとは、便利な時代になったものです。

関連記事

今回は、僕が実際に利用して心からお勧めしたいと思ったオンライン英会話をご紹介します。ご存知のようにオンライン英会話とは、インターネットを介して海外の人とつながり自宅でレッスンを受けられる英語学習サービスです。現代の技術を活用[…]

その他にも国際総合力認定制度に取り組んでいる学生向けの留学などもあり、多くの国際交流活動やイベントが用意されています。

皆さんにもオススメできる制度なので、1人でも多くの方が参加していただけるといいのかなと思っています。

また学外の方にも、東京大学の国際化への取り組みを知っていただきたいと思いまとめてみました。

能動的にアクティビティーに取り組むことで、国際総合力を養っていきたいと思います。

がんばっていきましょう!!!

最新情報をチェックしよう!